温玉ブログ

ブログで儲けるヒントは絶対に教えません。


スポンサードリンク

タウリンをいくら飲んでも普通の人は元気になったりしないしむしろ吐く

マイプロテイン | スポーツプロテイン・サプリメント・健康食品

↑マイプロテインというイギリスの通販サイトがあって、こちらは非常にお安くプロテインだのサプリメントだのがお買い求め出来るということで、一部界隈(フットネス勢・筋トレ勢・ボディビル勢など)には好評だ。日本の相場(ネット通販を含む)からすると相当安いのは間違いない。それは間違いない。

 

で、僕もここを利用したことがあって、それはタウリンを1kg買ったからだった。タウリン1kgで送料込みで3000円くらいだったと思う。これは破格に安い。どれだけ安いかというとAmazonを利用して一例を示してみる。

Natural Pure ノバリア 100%天然タウリン 30g

Natural Pure ノバリア 100%天然タウリン 30g

 

これ30gで6900円もする。タウリンを買おうとすると異常に高い。タウリンというと栄養ドリンクなんかに含まれていて、「タウリン1000㎎!!!」とかいう謳い文句を誰しもが聞いたことあると思う。つまりあれはタウリンが1g含まれているということだ。それで数百円するのだからたまらない。それでも30g6900円は高すぎるけれど。

 

そもそも現時点では一般的な通販サイトではタウリンの粉末というのをほとんど扱わないようになってしまった。医薬品だからとか何とかいう理由でだ。栄養ドリンクとかに混ざっているぶんには良いが、大量のタウリンサプリメントとして販売するのはある時期からなんとなくご法度になってしまった。これについての詳しい理由は知らない。しかし本当にタウリンは日本の市場にも出回らない。海外から輸入しようとすると止められるという噂まである。だから上のリンクみたいに牡蠣エキスがどうのとかいう無茶苦茶な値段のものを買うか、栄養ドリンクの糞安いものを探し出してがぶ飲みするしかない。

 

ちなみにレッドブルとかモンスターエナジーも、海外のものはタウリンが含まれているが、日本で売られているバージョンは薬事法にひっかからないためにアルギニンに変えられているそうだ。

 

かようにタウリンとは日本国内では手に入りにくいものなので、誰でも3000円くらいで1kgのタウリン粉末が入手できるマイプロテインがいかに破格の存在かはお解りいただけたと思う。他にもいろいろ買いたい人なら送料もゼロに出来るのでもっと安くなってしまう。

 

1kgも輸入したら税関で止められるんじゃないかとドキドキしたがタウリンは無事に家に届いた。それからタウリンを毎日ちょっとづつ飲む生活を続けた。それでどうなったかというと気持ち悪くなった。2~3グラムほど水に溶かして飲んでいるとなんだか吐き気がする。調べたらタウリンの副作用に嘔吐感というのがあった。まさにそれ。

 

なんで僕がタウリンを飲もうかと思ったのかを語らねばならない。それはタウリンのもつ、肝臓強化・疲労回復などを期待してのことだった。だって栄養ドリンクやエナジードリンク(海外版)の、コアの部分を担っているのがタウリンだ。タウリンに肝臓強化・疲労回復・滋養強壮の薬効があるからこそ、タウリン◯◯㎎配合!とかうたっているのである。

 

しかしタウリンを飲み始めて体感したことは、飲み過ぎると吐き気がするという事だけだった。次第に飲みたくなくなってきた。飲む量を減らせばどうだろうかと試してみたら、たしかに量をセーブすれば吐き気がしない。それで慣れしていくうちに、最初の量を飲んでも大丈夫になってきた。身体がタウリンに順応したのだろうか。

 

それで肝心の肝臓強化・疲労回復・滋養強壮の件であるが、肝臓強化は現時点で肝臓数値に異常が出ているとかもないし自覚症状も無いのでわからないにしろ、タウリンを飲めば疲れにくくなったり目覚めがよくなったりパワー溢れる身体になったりするはずである。栄養ドリンクを飲んでシャキッとしたり、エナジードリンクを飲んだら少し元気になった気のするあれの数倍のパワーが。ただし日本のエナジードリンクにはタウリン入ってないんだけど。

 

が、何も変化は無かった。飲んだら吐き気がしたのがしなくなっただけ。なんだこれ。

 

医療用医薬品 : タウリン

タウリンの効果は嘘まみれ!医学的に根拠がある効果を知ろう

あまりにも気になってタウリの効果をいろいろ調べてみた。滋養強壮とか書いているのはほとんどがサプリとか商品のページだから除外。その中で信頼できそうだなと思ったサイトは例えばこのあたりだった。

 

結論からいうと、タウリンの医学的効果は、「うっ血性心不全」と「高ビリルビン血症」での肝機能回復に効果があることがわかっている。

 

つまり、「うっ血性心不全(普段気にしたこともない知らない病気である)」に苦しめられている人はタウリンを飲めば良いということになる。ただしその場合は医者から処方されていると思われる。

 

あとは「高ビリルビン血症(これも知らん病気)」によって肝機能に障害をもった人もタウリンが効くらしい。だからそういう診断を受けた人はタウリンを飲むと良いと思う。でもその場合は医者から処方されている可能性が高い。

 

ウサギに投与したら胆汁酸の排出が増加したという実験もあるそうだ。胆汁酸をどうこうしたい人は飲んでみても面白いかもしれない。ただし具体的な人間の病気の治療に使われているというデーターは無い。

 

それくらいだった。「うっ血性心不全」にも「高ビリルビン血症」とやらにも縁の無い人類が飲んでも仕方のない粉。それがタウリンだった。

 

百歩譲っていうなら、何らかの理由で「うっ血性心不全」や「高ビリルビン血症」を恐れている人なら、飲んでも無駄にならない……かもしれない。(予防効果があるという調査は無いかもだが)この2つの病気を恐れている人って何なのかというのは気になるところだが。

 

あとは医者が知らない未知の効果を期待して飲むくらいしかタウリンを飲む理由は無さそうだった。すくなくとも肝臓の増強とか滋養強壮には効きそうに無いというのが現代医学の出した結論だ。

 

じゃあなぜ栄養ドリンクとかエナジードリンクタウリンが入っていて効きそうな気がするのかという問題だが、「高ビリルビン血症で破壊された肝臓が修復される」みたいなところから拡大解釈されて「肝臓が修復される→肝臓が強くなる→疲れにくくなる!」という連想ゲームにしか過ぎないのではないだろうか。

 

だからタウリンが効くというのは日本の栄養ドリンクの影響がデカイのじゃないか。もっといえば大正製薬の…。

 

なにせ、エナジードリンクの火付け役のレッドブルは、日本の栄養ドリンクを参考にして開発されたものだった。そのエナジードリンクが、日本で販売されるときはタウリンが配合されていないというのは皮肉なものだが。

 

栄養ドリンクもエナジードリンクも、飲むとなんか元気になった気がする。そのほとんどの体感効果は、カフェインと糖類によるところが大きいと思われる。つまりコカ・コーラの強力版といえる。だいたい、日本版のエナジードリンクには、タウリンが含まれていないのだ!

 

カフェイン、糖類、アルコールなどは間違いなく即効性のある成分だ。カフェイン単体のサプリなんか飲んだ事ある人にはその強力さはおわかりかと思う。ただし、カフェインには疲れを取り去ったり、滋養強壮する効果は全くない。ただただむやみに元気になるだけだ。無理をしたツケは必ずくる。

 

ちなみに、モンスターエナジーなどとアルコールと混ぜたり、エナジードリンクパブロンコデイン類など鎮痛成分)を飲むなんてのも体感効果としては抜群である。むちゃくちゃ元気になった気がする。しかし決してオススメはしない。たぶんそれで無理をすれば寿命を縮める。

 

まあ、そんなわけで、僕はタウリンを飲むのをやめてしまった。1kgのタウリンは、まだ7~8割くらい残ってしまっている。別に遊びで飲んでもいいけど、めんどくさい気持ちの方が優先されている。かといって棄てるのもしのびがない。虫が湧いたりしないか心配である。

 

黄色が味としては好きかも?海外にしか無いメガモンスターエナジーが飲みたい!

 

リポビタンD [指定医薬部外品]

リポビタンD [指定医薬部外品]

 

タウリンが効くとは書いておらず「タウリンは身体に含まれています」みたいな何ともいやらしい説明。高濃度の糖類が栄養源!

スポンサードリンク