読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温玉ブログ

特別な機材を使わずブログを書いただけで月額35万円の不労所得が得られるか?はい可能です!


スポンサードリンク

花粉症を治す以外にも肌をすべすべにしたりする短期断食

72時間の断食で花粉症を治した話を書いた。これは去年のいまごろ敢行したのだけど、本当に一年間くらいは花粉症の症状は出なかった。3月のあたまころ、ちょっとばかりくしゃみが多く出たので、今年も頃合いをみて断食してみようかなとか思っている。

 

72時間の断食というのは初体験だったけど、思いのほかイージーだった。正確には、三日目の食事がけっこう遅くなったので80時間ちかくは断食してたかと思う。それでも辛いということは無かった。

 

だから、花粉症に苦しんでいる人を見たら、気軽に72時間の断食を勧めているのだけど、なかなかやってみようと考える人はいないようだ。

 

断食を勧めると「辛いでしょ」とか「ハードすぎる」とか「絶対に倒れるわ」とか言われる。72時間程度だったら、水分さえ飲んでいたらお腹もたいして減らないし大丈夫といっても、なかなか信用されない。そもそも24時間の断食すらやったことのない人が多いようだ。だったら最初に24時間の断食から試すのも手だ。24時間でもやらないよりははるかに効果があるようだ。

 

僕が72時間の断食を敢行して、問題のあったことがもしあるとすれば、温かいのものが恋しくなることくらいだった。

 

これは暖房をつけるとか、ホットのお茶を飲むとか、風呂に入るとか、厚着をするとかでは解消されなかった。カロリーというのは熱量のことである。断食をするということはこのカロリーを摂取しないということ。そりゃ、身体の芯から冷えてくるわけだ。春先の気温であるから、ちょっとばかり堪えた。塩分をとらないのも身体を冷やす原因であるらしい。

 

2日目と3日目の夜にいよいよたまらなくなった。で、僕はどうしたかというと、お湯にお塩と、少量の味の素と醤油を入れて、塩スープを作って飲んだ。味の素と醤油にはカロリーがあるものの、この程度なら断食は阻害されない。この塩スープは効いた。冷えきった身体がほっとした。

 

必ずしも断食をしたら身体が冷えきるかどうかは知らないけど、もし同じように冷えることがあったら試してみて欲しい。温かいお茶でなんとかなるならそれでも良いと思うけど、僕はどうしても身体が塩分を求めていたように思う。もうちょっとだけカロリーが増えるけど、塩昆布茶みたいなものでも良いかもしれない。僕的には、粗末な塩スープがオススメなんだけど。

 

あと、断食をして便秘薬を飲むと、大量の宿便が出るなんて情報があって、僕もせっかくの断食体験なのだからと便秘薬を用意していたのだけど、思ったほどは出なかった。普段からあまり便を貯めるような生活で無かったのかもしれない。そういう意味ではそこそこ健康的だったのか。便秘がちな人が断食をするなら試してみるのも一興だと思う。出る人は、信じられないくらい出るらしい。

 

断食の効果は、花粉症対策以外にもあって、腸が綺麗になると、概ね肌の調子がよくなるようだ。吹き出物なんか多い人は、どうなるか経過を見てみると良い。

 

あと、内蔵を休ますことで、体力が回復するということもある。食べない事で体力を回復するというのも奇妙に思えるかもしれないけど、現代人はのべつ幕なしに食べ続けているので内蔵が疲弊している。食べない時間を設けて見て欲しい。案外食べ過ぎることで健康を損なっているのかも。

 

断食をしている最中は、妙な高揚感もあって、あんがい集中力が増すこともある。断食ハイってやつだろうか。これが癖になると72時間から大幅に越えて断食をやってしまう人もいるかもしれない。しかし72時間以上の断食は注意が必要らしい。らしいってのは僕もやったわけではないから知らないのだ。水分さえ摂取していれば食わなくても一ヶ月くらいは死なないのは、理論的にはわかっているにしても、断食をやめた後に急激に食べ物を食べると、身体を壊したり死んだりするようなので。

 

72時間程度の断食であれば、やめた瞬間に、ドカ食いしたとしても、まあ大丈夫だ。72時間も飯を抜いていたのだから、何を食っても美味い。これはそのためにやってたわけではないけど、まあ、断食の副次的な効果といえるかもしれない。72時間も頑張ったご褒美みたいなものだから、思う存分に味わって欲しい。

 

僕なんかは、3日間の断食明けに、居酒屋にいってビールを飲んでいた。

 

本当はダメなことかもしれないけど、特にどうということもなくて、ビールが染みわたるように美味かったのを覚えている。空きっ腹に酒というが、3日間の空きっ腹にビールは意外なことにぜんぜん酔わなかった。そして少量のつまみ。もちろん悪酔いもなし。

 

別に断食明けに飲酒を勧めるわけではない。けど、これくらいしても大丈夫だったという意味で書いている。

 

もっと長期的な断食になると、おかゆから食べていくとか、七面倒臭いので、山とかで遭難するとか、鳥取城で兵糧攻めに遭うとかでもないかぎり、やりたくないと思っている。

 

健康のための断食なら、24~72時間くらいで充分間に合う。

 

断食というと「ダイエット効果は?」と考える人もおるかと思う。結論からいうと、たった3日間のことなので、ほんのちょっと痩せるくらいのことである。ダイエットするならば継続的に飯を減らしていかねばならない。でも、食べ過ぎが続いた後のブレーキくらいにはなる。

 

なんだかんだで断食というのは健康のためにやるものであるから、ダイエットのために絶食を繰り返すのは拒食症っぽいのでやめておこう。

 

butao.hatenadiary.com

 

友達のデブサイクも断食体験をしている。ホントに、誰でも出来るのだ。食い意地のはってる人にも出来る。やり過ぎに注意したいくらい。

 

dbsios.hatenablog.com

f:id:butao:20150317234431p:plain

広告を非表示にする
スポンサードリンク