読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温玉ブログ

特別な機材を使わずブログを書いただけで月額35万円の不労所得が得られるか?はい可能です!


スポンサードリンク

ちかごろのコンビニスナック菓子事情に怖くなった

市民生活

nununu00.hatenablog.com

この記事はコスパの良いスナック菓子4選ということで興味深く読ませてもらったのだけど、カルビー製品で選ばれたのはおさつスナックだけで他は回避されてしまっているのがちょっと気になった。カルビーじゃがりこではなく森永ポテロング。

 

カルビーじゃがりこがなぜ選ばれなかったかというとコスパが悪いから。そして定番のポテトチップスなんかかすりもしていない。ナビスコエアリアルだったりする。

 

 

味はともかくとしてカルビーのポテトチップスはコスパが悪いということだ。味だけでいったら僕もカルビーのものよりもアメリカのレイズのポテトチップスが好きである。もしこれが安く手に入るならばずっとそれで良い。しかし残念なことに、レイズのポテトチップスを日本国で安く販売してやろうという動きはない。たまに輸入菓子に強いお店で多少の出費を覚悟で買うくらいである。ジャパンフリトレーには頑張って欲しいのだけどカルビーが強すぎてどうにもならんのかもしれない。

 

 

でももしかしたらグラム単位でいえば輸入価格のレイズの方がカルビーなんかよりははるかにコスパが良い可能性もある。ただでさえ空気をつめて売っていると言われているカルビー製品である。今のカルビーのポテトチップスは、ジャンボサイズでようやく昔の普通くらいの量じゃないだろうか。それは言い過ぎだろうか。でもレイズなんて184g以上入っていたりするのだ。

 

ちょっと調べてみると100g以上入っていた時期もあったようだ。今は少ないやつだと65gぽっちだったりする。値上げがあまり出来ないから量をへらしているということだろうけど、僕が子供の頃はポテトチップスは100円だったはずである。そしてすぐに120円になったように記憶している。そして気がつけばカルビーのポテトチップスは、コンビニなどにいくと税込みで150円以上になっていたのだ。ものすごく高い。量も減っているのに。そうすると実質は倍くらいの値段になっているのか。それでもカルビーのブランド力は揺るがない。どうなっているんだ。

 

レイズだって安い店だったら300円くらいで買えるところがあったから、それだったらやっぱりレイズが買いたいけれど、やはり気軽にいける場所にそういう店はないし、価格も安定しないし痛し痒しである。

 

で、この前、コンビニでぼんやりとスナック製品の棚を眺めていたら(僕は酔っ払って帰るとコンビニのスナック製品を無駄に買いたくなる癖がある)なんかやたらポテトチップスばっかり並んでいるのである。棚二つのスペースのうちの70%くらいがポテトチップスだった。そして恐ろしいことにそのうちの80%以上がカルビーのポテトチップスの味が違うのがずらずらと並んでいる。他は湖池屋のカラムーチョや山芳わさビーフなどがちょっとある程度。ポテトチップス以外のスナック製品もカルビーのが多いから、コンビニの甘くないお菓子の棚は、実質カルビーが占拠してしまっているようなもんである。

 

コンビニで客が選べるのはポテトチップスのフレーバーだけ?

 

同じカルビーでも、サッポロポテトとかかっぱえびせんとか、昔はいろいろあったはずだし、そもそもカルビーかっぱえびせんでヒットをとばした会社だったのに今はポテトチップス一択。なんでこういうことになってしまったのか。

 

スーパーだったら、もう少しいろいろとバリエーションに富んでいる。しかしコンビニのこの異常なまでのカルビーカルビーのポテトチップス推しはなんなんだろう。そしてドラッグストアや百均のお菓子コーナーだって、もうちょっとメーカーやお菓子のタイプにバリエーションはあるのだ(チョコレートなどを除く、甘くないお菓子の棚の話)。

 

しかしコンビニではフレーバーの違うポテトチップスがひたすら場所を占めていた。

 

コンビニは売れ筋商品しか売らないとよく言われているが、そうした場合、ブランドトップのカルビーのものが一番で、他のメーカーとは付き合いたくないという結論に達したということなのか。

 

そして客はポテトチップス(あとはせいぜいじゃがりこ)しか買わないということか。コンビニがそれしか置かないからそうなったような気がしないでもない。それにしてもあまりにもカルビー製品ばかりであってちょっとぞっとした。

 

みんなそんなにポテトチップス一択になっているのだろうか。でもそうでは無いと思いたい。

 

ドラッグストアとか、百均とか、ディスカウントお菓子屋なんかは、安く売るとう前提のもとで商品を並べるから、結果的に日本中のメーカーのバラエティに富んだお菓子が集まっていたりする。場合によっては海外の珍しいお菓子なんかも買える。昨今のコンビニに行ってもつまらんけど、こういう店にいくと棚を眺めているだけでもなかなか楽しかったりする。

 

だいたいコンビニなんてものは、夜中とかに緊急で買いに走るところであって、そいう場合はポテトチップスがあれば間に合うので(深夜に緊急でポテトチップスが必要な要件というのも面白いが)お菓子をゆったり選ぶところなんかではないのだ、とか言われればそうなんだけど。

 

でも以前はもうちょっと色々あった気がするのだけどなあ。記憶が美化されているのだろうか。

f:id:butao:20150330003404p:plain

スポンサードリンク