読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温玉ブログ

ブログで儲けるヒントは絶対に教えません。


スポンサードリンク

居酒屋では大瓶ビールを頼んだ方がよい最強の理由

僕はビールが大好きである。そしてビールといえば瓶ビールだ。生ビールを上手く注いでくれる店は少ないので、お店ではほとんど必ず大瓶ビールを頼む。大瓶ビールが無ければ中瓶ビール。それも無ければ小瓶ビール。そして大瓶ビールの値段は400円以内に収まってくれるのが望ましい。

 

大瓶ビールが大好きなのは主に経済的な理由による。お金が死ぬほど使えるなら小瓶ビールをひたすら飲んでも構わない。

 

海外のビールなんて小瓶ビールをラッパ飲みするイメージだけど、日本のアサヒとかキリンの小瓶というと高級なお寿司屋をイメージしてしまう。つまり小瓶しか置いてないような店は無闇矢鱈とお高い店に違いないのだ。もしくはちょっと気取ったようなショットバー。もしくはなにがしかのスナック。そういう店に行くことはほとんど無い。

 

ところで、なぜだか関西と関東では、大瓶ビールの呼び方が違っていたりする。関西では大瓶(ダイビン)と呼ぶけど、関東の飲み屋でこれをいうと「オオビンね」と訂正されたりすることがよくあった。地方ごとの訛りの一種といえばそれまでだけど不思議なものである。関西から関東に行く人はちょっと注意してもらいたい。

 

そういえば関西では生ビールの大中小のこと「生中」とか注文するのがごく一般的だけど、関東ではなぜか「中生」と呼ぶところが多かった。大手全国チェーンは「生中」と呼ぶところが多いだろうか。詳しく調査はしていないけれど。

 

そうなってくるとチューハイ、サワー問題にも触れなくてはなるまい。つまり甲類焼酎を炭酸で割って、シロップを添加したり、レモンを絞ったりする焼酎ハイボールというカクテルの名前が縮まって、一般的には「チューハイ」となったわけだけど、関西ではそういう系統のものはなんでもかんでも「チューハイ」であるのに対して、関東においては少々事情が入り組んでいる。

 

関東では甲類焼酎を割ったものでもあっても店によって呼び名がサワーだったりチューハイだったりする。おおまかに分類すると、単に炭酸で割っただけ(あとはせいぜいレモンの切れ端を足したりたさなかったり)のものはチューハイと呼ばれている。様々なジュースやシロップを混ぜた炭酸で割られるものは「青りんごサワー」だったり「レモンサワー」だったりする。

 

他にも焼酎ハイボール用のシロップ(砂糖が主原料のはずなのにあまり甘くない)なんていうおかしなものも売られていて、それを混ぜて炭酸で割ったものはチューハイボールとか下町ハイボールと呼ばれたりもする。ビジュアルとしてはビールを薄くしたような色のチューハイである。これは関東の一部地域だけの非常にローカルな飲み物なので、関西ではほとんど知られていない。今は専用のシロップをネットで取り寄せ可能なので全国でも飲めることは飲める。

 このあたりの事情の細かいところは店によって違っていたりするので一概にいえないのがもどかしいのだけど。東京ではとにかく甲類焼酎をいろいろにして飲む。名称の複雑さや、そのバリエーションの多さに驚く。

 

わが関西ではどうかというと、ほとんどシロップ入りチューハイがメインで、それもサントリーウオッカベースのやつだったり。甲類焼酎の一升瓶を引っ張りだして、律儀に炭酸で割ってくれる店は少なくなった。

 

関西では少し前だと「サワー」という呼び方も通用しなかったが、今では大手チェーンでもサワーという名前を使っているところがけっこうあるようで、それなりに浸透している。

 

スーパーの缶チューハイでは、宝焼酎のものがいちばん良心的かと思う。でも昔からあるタカラ缶チューハイは高い。甲類焼酎は安く酔えるというイメージを覆すくらい高い。下手したらビールより高いのではないだろうか。ただならぬブランド力とこだわりを感じずにはいられない。宝焼酎の甲類焼酎をボトルで買って炭酸で割って飲むなら死ぬほど安いのに。

 

同じ宝焼酎の缶チューハイでも、こちらのシリーズだったらスーパーなんかでも100円くらいで売られているのだけど。お世話になっている人も多いのではないか。

宝 焼酎ハイボール 下町ドライ 350ml×24缶

宝 焼酎ハイボール 下町ドライ 350ml×24缶

 

 

チューハイ類を最初に製品として販売したのはアサヒのハイリキである。黄色いレモンタイプは関西でもわりと見かけるが、こちらの青いプレーンタイプのハイリキは関東でしか見たことがない。そこまでして飲みたいかといえばそんなものでもないんだけど。

 本当はビールのことをいっぱい語りたかったのに、なんだかチューハイの話ばかりになってしまった。東京の甲類焼酎文化が込み入っているのが悪い。

f:id:butao:20150404155259p:plain

広告を非表示にする
スポンサードリンク