温玉ブログ

ブログで儲けるヒントは絶対に教えません。


スポンサードリンク

土井善晴の一汁一菜という革命に衝撃を受ける

土井善晴の「一汁一菜でよいという提案」が評判らしい。なかなかに革新的だということだ。土井善晴は「洗い米」という美味しいご飯の炊き方を提唱してくれたので、個人的に一目置いている料理人ではある。(料理人に対する造詣は無に等しいけど…)

 

「洗い米」とは簡単なもので、お米を洗ったらザルに上げて一時間放置。その後にお米と同じ量の水をいれて急速炊きをする。と、これだけである。 炊飯の仕方ひとつとっても派閥がいろいろあって、ザルに上げず水で一時間浸す派とか、水で浸してからザルに上げる派とか、プロの間でも激しく意見がわかれるらしいが、いわゆる「ベチャめし」が大嫌いな自分にとっては、土井善晴の「洗い米」は、わりに安定して理想的な粒のはっきりしたご飯に仕上がるという意味では救世主だった。

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

そんな土井善晴が提唱している「一汁一菜」とはどういう事かというと、読んで時のごとく「料理なんてものは、ご飯と味噌汁と何か一品くらいで良いんだよ」ということらしい。って、そのまんまやん。これのどこが革命的なのか。しかし本のレビューなど読むと大絶賛。土井先生のおかげで救われたとまで書かれている。

 

いろいろ意見を読んでみると、どうやら、世間の主婦とかは、食事のたびに何品も何品も作っていたそうである。「ご飯と味噌汁と、何か…漬物とかでも良いので一品」みたいな献立は許されなかった家庭があると。「一汁三菜」みたいな事がよく言われるが、味噌汁と他に3品くらい作っていたということだ。

 

本当か!?

 

にわかには信じられないところがあって、僕なんかの自分で料理する場合は味噌汁なんて滅多に作らないし、例えば肉が食べたいなと思ったら豚バラを炒めて終わりとか。たまにすき焼きにしてみたりもするが、それは鍋料理ではあるが一品だ。他に何かを作ったりはしない。せいぜいご飯を炊くくらいのものだ。ポーク玉子が食べたいなと思った場合は、ポーク玉子を作るだけの話。汁物を食べたい時は鍋料理をしたりする。それにご飯で終わり。

 

あとは焼きそばが食べたいとか、うどんが食べたいとか、そういう時はそれのみで十分なわけで、他におかずがあったりはしない。僕の母親の料理もそんな感覚だったわけで、食事なんてそんなもんだと思っていたし、とりたてて不満なぞ感じたことがない。

もちろん何品もある場合だってないわけではないれど、せいぜいひじきとかサラダとか使い回しの効くものだ。かぼちゃを炊いたものを食べたいとなればそれとご飯とか、そんな献立になったりする。それこそ、ご飯と味噌汁と漬物だけとか、納豆とご飯と卵とか、そんなもので済ませてしまうことも多かった。決して少食ではなくて、何杯もおかわりして食べたりすることもある。

 

だいたい外食をしても、そんなに品数が多いというのはコース料理とか特別な定食とか食べ放題みたいなものだけだし、例えば餃子の王将にいってランチを食べる場合を考えて、そりゃ餃子と唐揚げ一個とチャーハンとスープみたいなスペシャルな定食を提供している店舗もあるにはあるが、そもそもは酢豚とライスの組み合わせのようなシンプルな定食が主流ではなかっただろうか。ラーメンみたいなものを食べにいく時に餃子とかチャーハンとかごちゃごちゃつけることも稀で、せいぜいラーメンライス止まりじゃなかろうか。僕はラーメンを食べにいった時は、よほどでもなければライスも付けない。

 

そんな感覚からしたら、餃子の王将という外食においてさえスペシャルな定食に相当するような献立を、毎度毎度考えていた家庭があるなんてことに驚愕を覚える。そんな面倒な事は今すぐやめて欲しいし、自分でも面倒と思いながら作っているなら絶対に考え直すべきだ。あ、だから、土井善晴の一汁一菜の提案は革命だったのか。

 

僕なんかが認識もしなかった、「一汁三菜という呪縛にとらわれた人々」にまで気を配った土井善晴はやはり大したもんかもしれない。基本のメニューのレシピ本なんかも、けっこう役に立ったし。ちなみに「一汁三菜」という言葉は、武家の「本膳料理」という所謂コース料理が元になった考えらしい。なるほど。やはり普段の食事には、いささか大仰すぎたわけだ。

 

スポンサードリンク