温玉ブログ

ブログで儲けるヒントは絶対に教えません。


スポンサードリンク

松屋のカレーの味が改良されていた。今度は味噌汁の味がわかるぞ!

以前の記事松屋のカレーの理不尽さを書いたら賛同してくれる人がたくさんいて嬉しかった。そしたら最近、松屋のカレーが好きな人から「美味しくなっているぞ!」とタレコミがあったのでダメ元でまた食べにいってしまった。いうたって松屋のカレーは380円なので立ち食いそば屋のカレーくらいの感覚で食えるのは嬉しい。そのへんの定食屋よりは安い。

 

カレーというのは店で食べると無闇と高くて、カレースタンドみたいな店だと平気で750円とか1000円とかとられる。500円のワンコインのカレーだと安く感じてしまうくらいだ。なんでかわからない。だから基本的にカレーライスはよほど自分好みで美味しくないかぎりは外食するものではないと思ってしまう。そういう意味では、牛丼チェーンのカレーは、立ち食いそば屋のカレーくらい安いのが多いので、気軽にトライできるのは良いところだ。

 

というわけでさっそく梅田にある松屋店に向かった。

f:id:butao:20170518162636j:plain

松屋の店外に張り出しているメニューをみると「新オリジナルカレー」と銘打たれているし「美味しくなっています!」的なことが書かれていた。美味しくなっているというのは1ユーザーの気の所為とかではなく、公式としてなにかしら味に調整が入ったのは間違いない。とりあえずは試してみるしかない。

 

食券機でカレーライスを購入しながら思ったが、松屋の食券機はいささか使いにくい。もうちょっと直感的に見やすくできないものかと。今まではジェフグルメカードを使って口頭注文することが多かったので気が付かなかった問題だ。松屋のメニューの多さもあって余計にややこしい。松屋慣れした人は、ばんばん使いこなせるんだろうけれど、たまにしか来ない人間を完全に拒否っている。

f:id:butao:20170518163632j:plain

食券を提出するとほどなくカレーライスが運ばれてきた。牛丼とカレーライスの魅力は速度にある。運ばれてきたそれの見た目は、以前のオリジナルカレーと変わらない。ルウの部分を一口すする。松屋のカレーといえば焦げたような苦さだ。たしかに今回も苦かったが、前ほど嫌な感じはしない。なんとなくまろやかになった気がする。僕でもぜんぜん食べれる味になっていて驚いた。

 

何度もトライしたせいで舌が松屋カレーに寄ってきてしまったのかなと思ったが、しばらく食べて無かったのでいくらなんでもそんなわけはない。「新オリジナルカレー」と宣言しているのだからやはり味に調整が入ったのだ。前はぜんぜんわからなかったダシの味が感じられるカレーになっている。

 

決定的だったのが付け合せの味噌汁を飲んだときだ。

 

「あ、味噌汁の味がする…」

 

前の時はカレー食った後で味噌汁を飲むと、ダシの味がなにもせずにお湯を飲んでるみたいだった。だからカレーを食った後は水を飲みまくって口の中を洗いまくって、しかる後に味噌汁をいただくという微妙なテクニックが要求されていた。しかし今回はちゃんと味噌汁の味がする。ということは、味覚を破壊するような辛味がかなり抑えられているということかもしれない。

 

前の記事で「付け合せの味噌汁の味がしなくなるようなカレーの味付けはおかしい!」と書いたのを松屋の開発の人が真摯に受け止めてくれたのかも?としたら、前は一切感じされなかったカレー自体のほのかな旨味も、とんがりすぎた辛味がセーブされたことによって感じられているのかも?

 

真相は全くわからないが、確実に万人受けするカレーに近づいたのは確かだ。付け合せの味噌汁の味すら破壊するカレーは、どう考えてもコンセプトとして成り立っていなかった。だから今回の調整は理にかなっているとはいえる。それでいて相変わらず松屋っぽい苦味カレーではあるので、前までの松屋カレーが好きだった人も悪く言わないのではないか。

 

僕自身もこの程度の味なら「松屋の苦いカレーを食べてみるか」とか言って、たまに足を運ばないこともないと思ってしまった。良くも悪くも特徴のある味だし。安いし。味覚を破壊するほど辛くないけど、パンチが失われたわけでもないのが良い。

 

以前は存在する意味がぜんぜんわからなかった松屋のオリジナルカレー。自分的には「独特の苦みのあるお手軽カレー」くらいの位置に上方修正しておこうと思う。 

butao.hatenadiary.com

スポンサードリンク