読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温玉ブログ

ブログで儲けるヒントは絶対に教えません。


スポンサードリンク

コンビニなどのポイントカードシステムについての恐怖体験!

「○○ポイントカードはお持ちですか?」レジなどでのこのやり取りが当たり前の日常になってどのくらい経つだろうか。

 

ヨドバシカメラが大阪に進出し始めた頃くらいからポイント還元というのを強く意識し始めたと思う。それ以前もポイントカード類は多少はあったが、やはり電気屋とかパソコンショップ系統の店だった。いわゆる日本橋系のお店。

 

だからポイントの類を日常生活で意識することがあまり無かったけれど、LAWSONやファミリーマートがポイントシステムを導入し始めてから状況が一変。ツタヤのカードを提示すればポイントが貯まるというので、毎回レジで促されるようになるわけだ。

 

ヨドバシカメラなどが商品の10%をポイント還元してくれたのに対して、LAWSONやファミリーマートは1%だった。

 

そう、1%なのだ!!!

 

1000円の買い物をしたとしても10円かえってくるだけ。はっきりいってゴミ以外の何者でもない。

 

だから基本的には無視していても人生において何ら差し支えないけれど、ツタヤのカードはすでに所有しているし、レジで出すだけで少しでもお金がかえってくるなら…と出し続けるわけである。そして、なんとなくコンビニを使う時は、LAWSONやファミマを選んでしまっているような自分がいたりする。人間というのはコントロールされやすいのだ。

 

すると2年もすると1000ポイントとか溜まっていて、塵も積もれば…という諺を思い出すとともに、ファミマとかで10万円以上も使ったという事実にゾッとしたりもした。

 

その頃まではまだ良かったのだ。気がつけばLAWSONは○○カード、セブンイレブンは○○カードという風に、各コンビニごとに違うポイントシステムが導入されていた。そう、LAWSONはけっこう早い段階でツタヤカードが使えなくなって、別の「ポンタカード」とかいう意味のわからないものに変わっていた。いつものようにレジでツタヤの会員書を出そうとしたら「使えません」と冷たく言われたのを思い出す。それまで出せ出せ言ってたくせに実に勝手なものである。店の都合に振り回されるポイントシステムとうものに、いらつきを覚えはじたのは頃ころからだ。

 

そういえば、ブックオフでも、最初にブックオフのカードを作ったらお得ですよと言われて、しばらくそのカードを使い続けて、雀の涙のようなポイントを溜めていたのを思い出した。そしたらやはり突然「ブックオフのカードは廃止でツタヤのカードに統合されました」とか言われてしまった。当然ツタヤのカードは持っているから、統合された方がこっちとしては楽なので、この時は「仕方ないか…」と受け入れた。

 

しかし事件は起きた。しばらくツタヤのカードのポイント(ゴミみたいな還元率)を溜めつつブックオフを引き続き利用していたら、「ツタヤのカードはやめますので、新しいブックオフのカードを作ってください」とある日また言われてしまったのだ。「誰が作るか!」と思わずレジで叫んだ…のは嘘だけど、それくらいの気持ちにはなった。それから何度かブックオフは利用したし近所にもブックオフはあるが、頑なにポイントカードは作っていない。どうせ1%以下の還元率のゴミカードだ。財布を圧迫するだけ損である。

 

なんどもいううにツタヤの会員カードはもとから財布に入っているので、ファミリーマートではポイントを貯め続けていた。するとある年から勝手にルールが改変されて、今まで100円で1円ぶんのポイントをくれるというゴミ還元率だったのが、200円で1円ぶんのポイントということにしますというありがたいお達しがあった。

 

100円で1ポイントというのも気の遠くなるような話だけど、これからは200円で1ポイントという凄まじくどうでも良いものになったのだ。190円の利用だとなんとありがたいことにゼロポイントにしかならない!

 

その代わりファミマでの利用の多いユーザーはランクアップで100円で1ポイントになったりしますよ云々……。はっきりいってその先は読み飛ばしたので詳しいルールなんか今だに知らない。どうせそんなにたくさんファミマで買い物なんかしないのだ。

 

なんかこのやり口には既視感があった。そうだ。楽天ポイントなどが、こういうランクアップシステムで顧客を煽るということをしていた。ブロンズがシルバーになりますみたいな聖闘士星矢みたいなランクアップシステム。心底どうでもいい。しかしツタヤカードと提携しているファミマなどは楽天のやり方が羨ましくなったのだろう。楽天さんは儲かってそうだと。

 

しかし200円ごとに1ポイントとか本当にどうでも良い。そんなこんなで、完全にコンビニでのポイント利用には興味を失ってしまった。しかしそうはいってもツタヤカードは財布に入っているので、なんとなくファミマでは出してしまう弱い自分もいたりする。なんのかんので数年後には1000ポイント以上も溜まってしまっていた。とするとその数年間で20万円以上使ったことになる。別にファミマの利用頻度が増えたわけではないけど、少しだけ頭を抱えた。

 

それから、セブンイレブンやLAWSONのポイントに関しては無視を続けていたが、こういったブログとかで楽天アフィリエイトなんかに手を出すようになった関係で、サークルKサンクス楽天ポイントは貯めるようになってしまった。もちろん200円で1ポイントというゴミ還元率ではあるが。ただし楽天ポイントは他の店舗でもけっこう溜まったりする。ダイコクドラッグとかの5倍ポイントアップなどもあるのだ。といっても元が0.5%以下なので、2.5%以下にしか過ぎないのだけど。

butao.hatenadiary.com

この楽天ポイントは腐れ縁みたいなもんで、それなりに旅行のホテル代金などでお世話にもなったりするので、ついついカードを出したりしているが、さほど買い物でポイントが貯まるのをあてにしているわけでもない。哀しい動物の習性のようなものだ。しかしいつしか楽天での僕は、ゴールド聖闘士をも超えたダイヤモンド聖闘士と化していた。あれほど忌み嫌うランクアップシステムだったのに…。

 

これでも100円1ポイントの時代ならば、ファミマとセブンイレブンとLAWSONが並んでいたら、迷わずファミマに突入していたようなこともあった。恐るべきポイント効果といえる。しかしさすがに0.5%以下なんてのは馬鹿らしいので、そのコンビニがファミマかセブンイレブンかLAWSONかとかはぜんぜん意識はしなくなってしまった。デイリーヤマザキはパンが気になってついつい入ってしまうけれど。そのくらいだ。

 

そんな意識になっていった頃、たいへんな事件が起きてしまった。ある日、コンビニにふらっと入って、コーヒーだかビールだかを買った時だったと思う。「カードをお持ちですか?」と聞かれたので、ついついツタヤカードを出してしまった。すると店員は困ったような様子で「あ、いえ、うちはセブンイレブンなので…」とか言ってきた。自分としては「あれ!?違うかったっけ!?」と道化になるしかなかった。あんまり意識せずに目の前のコンビニに入っただけだったのに。なんでこんな思いをしなくちゃならないのか。

 

そして連続して事件は起きる。数日後「たしかこの辺にファミマかなんかあったよな…」と飛び込んだコンビニで、やはりビールを買おうとした時に「カードをお持ちですか?」と聞かれたので反射的にツタヤカードを出したのだ。なんせ「たしかファミマがあったはず…」と飛び込んだコンビニである。そしたらまたしても店員さんが憐れむような目で「Pontaカードなんですけど…」と言ってきたのである。ハッと我にかえってよくみると、彼女は青の縦ストライプの制服を着ていた。40過ぎたくらいで認知症になってしまったのかとさえ思って落ち込んだ。

 

いい加減にして欲しい。こちらは○○コンビニ限定の商品…金のなんとかとか、からあげクンとかファミチキとか、そういうのを買いにきたのではないのだ。どこにでもあるスーパードライ缶とかサッポロ黒ラベル缶とかが欲しくてやってきたのだ。なんで別々のポイントをいちいち把握せにゃならんのか。なんだかコンビニに入ることさえ嫌になってきた。一生ファミマまたはデイリーヤマザキハセガワストアーみたいなポイントと無縁の店にしか行かない人になってやろうかとさえ思った。これこそカードシステムを導入したファミマの思う壺なんだろうけども。

 

そしてさらに事件は起きる。マクドナルド某店に行った時のこと。「楽天ポイントカードはお持ちですか?」とレジで聞かれてしまった。もちろん持っているのだけど、あまりに面倒だったのでスルーしてしまったが、次に同じマクドナルドを利用したときに、ついつい出してしまった。なんということだ。これからはマクドナルドでは楽天ポイントカードを出すか出さないかを意識しなくてはならなくなってしまった。

 

楽天ポイントに関してはツタヤと同じくすでに所有してしまっているので、ついつい店でポイントを貯める行為に手を染めてしまっている。だから「マクドまでもが!」というポイント社会っぷりに少しイラッとはきたけど、これからマクドナルドを使う時は腹をくくってレジで提出していくしかなさそうだ。

 

しかしその思いは直後に踏みにじられることになる!

 

後日、別のマクドナルドを利用した時の事だ。

レジで「Dポイントカードありますか?」と言われたので、「ああ、楽天カードね…」と財布から出しかけたが「えっ!?」と聞き返してしまった。

「Dポイント!?」「ドコモのDポイントお持ちですか?」「ドコモ!?そんなの持ってないです…」「そうですかぁ…」

 

なんてことだ。マクドナルドは店舗によって対応ポイントが違うらしい。完全に死にたくなった。願わくば、もう二度とレジで「ポイントカードお持ちですか?」とは言わないで欲しい。200円でたった1円得するゴミカードのために、いちいち気苦労を背負い込むなんて間違っている。そんなことは無い社会であって欲しい。(調べたらDポイントの場合は100円で1ポイントらしい。実にどうでもいいけど!)

f:id:butao:20170502202824p:plain

スポンサードリンク